飛蚊症の症状と改善方法のご紹介

飛蚊症とは
飛蚊症とは、目の前で「黒い物が飛ぶ」ことを意味する眼科疾患の一種です。中高年に起こりやすい目の障害のなかで、最も多くみられています。飛蚊症の原因は、特に治療が必要でない「生理的」なものと、治療をしないと視力が傷害されることがある「病的」なものに分けられます。また、飛蚊症から網膜剥離以外にも、硝子体出血、網膜の出血など様々な眼底疾患の発見につながることがあります。

飛蚊症の症状
飛蚊症の症状というと、名前のとおりに視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状が目立ちます。具体的言えば、モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。

実は飛蚊症には、まったく心配ないものと、重大な病気の前兆などの場合、症状は似ているが別の病気の場合など、いろいろなケースがあります。多くの人に起こる症状なので、油断しないためにも、また心配しすぎないためにも、飛蚊症についてきちんと知っておくことが大切です。

飛蚊症の改善方法
飛蚊症はストレスや加齢などを原因とする生理的な飛蚊症と、目の病気がもととなっている病的飛蚊症との二種類があります。ストレスや激しい運動、不規則な生活習慣などを避けることは生理的な飛蚊症の改善に効果があります。病的飛蚊症の場合、網膜裂孔や後部硝子体剥離が原因の飛蚊症の場合は、それらの眼病を治療・改善することにより、結果として飛蚊症を改善することができる場合もあります。