飛蚊症月経期6は

初経用品の清潔衛生は特に重要です.だって、骨盤、子宮、子宮頸、膣、体外が環境にも通じる、こうした仕組みが女性の生殖係特別被りやすい外部病原物に襲われ、特に月経期間、生殖器官の抵抗力が低下し、普段よりも脆弱、もし使用合標準の生理用ナプキン、特別に感染しやすい.

1:交換、更に甲斐甲斐しい

にはもっと甲斐甲斐しい

を月経の中に豊富な栄養物質があり、細菌が大きく繁殖しやすいという『育成基』になりますので、衛生的なタオルは甲斐甲斐しいに交換します.

には2種類の間違いのやり方があります:

1、吸収力が強く、保護機能の良い衛生を使用すると、長い時間使う時間と同じ衛生に関係があると思う;

2、月経量が少ない時に交換することを忘れて.

日本人女性は月経期の平均で毎日6回、中国人女は3度として.アジア人種、体質は大きな違い、中国人女性は、宮内による避妊リングの割合が高く、全体の初経流量は更に大器にも.

Pは、衛生的なタオルを使う時にネットワークアー:

は、衛生的な1、2時間に1度と2時間に替えます;

p>に、禁止薬物<ナプキンを防ぐため、アレルギー;

P3,ばらしを分解する前に必ず手を洗う;

4、トイレットタオルはトイレに置いておいて.我が国の多くのトイレは暗黒衛で、終日日光を見ません、また多く湿って、カビ、汚染衛生になりやすいです.

は、正規メーカーの衛生、原材料は専門の安全検査を経て、長年使用していた.アレルギーが発生し、通常は私たちの体の問題で、エビ、カニもアレルギーがあるということは、1つの道理です.

" p "は、トイレット・タオルアレルギーというのは非p>阻止<アレルギーの唯一の方法はアレルギーのもとを回避するので、いったん感覚刺激、痒い、気分悪い、すぐ停止この衛生巾を探し出して、最高にもアレルギーを引き起こす成分(に多く見られるのは生理用ナプキンのエッセンスを含む)、同じ成分の衛生巾ももうで.

肌が敏感な人は、サラッネットで使う人が一番少ないという人は、棉網で吸収してはならないが、コットンはもっと柔らかく、肌の刺激に刺激があるとアドバイス.」また、夏にはアレルギーが発生しやすいので、湿気が局部に集中しているため、常に変更に注意が必要です.」

4時間に1度は、衛生的なタオルは、1度は2時間で交換すると注意する張さんはずっと

は衛生篠は主に潔癖性の彼女からかなわない月経衛生巾のニオイに殘る.実は、月経が流れ出したばかりの時,異臭、空気に触れ、酸化反応が発生し,飛蚊症、化学物質が混合されて、匂いが発生しました.

克服する方法はもちろん通気性の良いことを選んで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です