大学生の飛蚊症心理学は心理的に健康的な常識を心理学

は今、大学生の人間関係では、よく、客観的な要素や主観認知、情緒、人格などの心理の要素の偏差を歩いた心理落とし穴、記者は大連理工大学大連理工大学心理健康教育相談センター上場器式で知って、現在の大学生の心理の疾病の割合は15%を患う.

優秀な大学生は心理疾患の可能性をもっと大きい

を患う

大連理工大学心理健康教育相談センターの胡月先生の紹介で、現在の学生が彼らは多かれ少なかれいくつかの心理問題に存在し、主には不安、うつ病、強制と恐怖で、特にいくつかが優秀な大学生の心理の疾病を患う可能性が大きいので、彼らは比較的に敏感で、何事も完璧を求めることが好きで、自分にの期待値が高いため、自分の圧力がかかりやすい、強迫症.受験前、焦慮症,飛蚊症、特に大学院受験の前に、みんなの圧力が大きい、また自分の期待に対して高すぎる、心理的に大きな圧力を受けて、その上のは焦慮です.

大工14人教師を学生心理コンサルティング

には大連のほとんどの大学はすでにすでに学生の心理的健康教育に対する強化を強化し始めました.大連理工大学1988年から積極的に探求と実踐心理健康教育活動、初歩的に形成した内と課外授業を組み合わせ、個別相談と全员教育を組み合わせた心理健康な教育ネットワークに直面し、新しい情勢の下で大学生の心理の健康教育を強化し、改善の任務と要求、2007年じゅう月、学校は大連理工大学心理相談センターに改名大連理工大学心理健康教育相談センター、隷属の学生の仕事で、心理の健康教育の仕事と学生の思想の政治仕事に結びついて、学校は西山区に設立した学生生活を300平方メートルのセンター事務所で、専門の資金を投入にじゅう万元前期ハードウェア建設.

カウンセリングセンター配備専任教師さん名、任命兼職教師じゅうよん名、助けの学生の解決自我意識、環境に適応し、学業の悩みやコミュニケーション、感情の変化、職業選びに戸惑い、情緒と異常行動などの問題.

は大理工の心の健康教育相談センターで、記者は見た接待用に大学生の心理的カウンセリング室、個別相談室、団体カウンセリング室、測量室と地形の模型治療室.案内室も、部屋に入って、その温かい雰囲気に感染させ,リラックス、悩みも多くなりそうだ.多くの学友はすべてこのようなコンサルティング室に反映して、気持ちはとてもリラックスして、たくさんの.

p専門家は注意して:

大連理工大学心理健康教育相談センターの胡月先生の提案:

1、正しい認識自分、卑屈,自傲とナルシストと、自分に自信を持っている.

に対して、自分の期待値を調整し、過大にもならないようにし、自分の適した位置に自分を入れておいてください.<>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です