立冬はギョーザを食べて立冬の飛蚊症立冬餃子を食べます

立冬、北方人はギョーザを食べる習慣があります.餃子の来源は「交子の時の言い方で、食べなければならない.次、小編はみんなに参考に、ギョーザのすべてを参考にして、餃子のすべてを食べてみてみてください!

ニラ餃子

韮餃子<P>1/2斤、ギョーザの皮の1斤、塩1大匙、小麦粉1/2碗.

方法:ニラに朽ち葉硬テリア洗浄切っていちセンチ等を加え、塩小さじいちをつかんで均等に強く、野菜ジュースを加え、ニラとひき肉小さじ塩かきまぜる均一にあん、あん餃子をし、完成品の週囲をいくつかの小麦粉を防ぐためにくっついて煮鍋の水をつけて;水が沸いて,後で餃子、待餃子が浮上し、冷たい水を注入していち碗を入れて、水を二度沸開に加え、いち碗.

茴香餃子

フェンネル餃子<P>

材料:餃子粉、フェンネル、豚輓き肉,飛蚊症、卵 ,塩、ネギの姜末、ゴマ油、いつも引き出して、甘酒.

方法:餃子粉温水やた生地を容器に蓋を目が覚めていち時間の時間に目が覚めて使用すると、まず餡、ひき肉を容器に入れて、ネギの姜末、ごま油を入れ、甘酒や卵も凝って1つの方向に沿って攪拌して、そこにいつも引き出して、引き続き一方向に攪拌苦手で、そして放置傍を混ぜ、フェンネル滴をきれいに洗って水分をみじん切りにして、事前のを入れて攪拌ひき肉の中で一緒に攪拌して予備、そして転職適量の塩を攪拌して、目が覚めて良い生地を分けて小剂子、そして伸ばす割ギョーザの皮、それを包んで皮に具.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です