桑菊アーモンドの飛蚊症かゆの効果と役割桑菊アーモンドの粥のやり方

週知、桑は一種の頭痛と咳の常用漢方薬,菊は1種の降圧や老化などが良い治療効果の漢方薬の材料は、桑の葉、菊とアーモンドの組み合わせで作られ桑菊アーモンドのかゆ、その食事療法や栄養の価格の値も許さない見くびるな.

p>が<桑の葉散熱で泄肺熱に冷えこみ,熱、頭痛、咳などの、お常と菊、銀花、セボリー、ゼンコ、キキョウなどに合わせて応用.桑の葉使えるようなだけではなく風の熱い目の赤い羞明でき、かつ清癇癪、かんしゃくに炎の目の赤い腫れ、菊、ケツメイシ、車前子などに合わせて応用
.肝陰不足について、人目がかすむ、桑も配滋養の肝臓の腎臓のニョテイ、枸杞子、黒ゴマ同然で.

菊を持って血圧に下がり、がん細胞、拡張冠状動脈や菌の作用を増やすことができ、長期にわたり飲んで人体のカルシウム、調節の心筋機能、コレステロール低下、中高年の人と予防流行性結膜炎の時に飲む.菊花は神経強壮剤で,飛蚊症、毛細血管の抵抗力を強め、老化、体力増強にも力がある.菊は良好な鎮静作用があって、よく食べて人の体を楽にして、目が覚めることができます.

アーモンドは、フラボノイドとして豊富なフラボノイド種類とポリフェノールの成分が含まれます、この成分は人体内コレステロールの含有量を下げることができて、また著しい心臓病と慢性病の発病危険を下げることができます.キョウニンが咳を止める抗喘息、便秘便通、肺病、咳などの疾病を治療することができ.甘いアーモンドと日常食べたドライフルーツの大アーモンドが潤いに、一定の有肺作用があります.

桑菊アーモンドの粥

桑の葉9グラム、菊6グラム;甘い杏仁の9グラム、うるち米60グラム、うるち米60グラム.

制法:前二味水適量を加えて炒めて煮まし、かすの汁を取って、アーモンド、うるち米を加えた粥.

効果:疎開風の熱い、宣の肺はよく分かる.

朝晩食用にする.

について桑菊アーモンドのかゆの効果効能や栄養価、文の中の叙述でみんながある程度理解して、1種としては疎開熱効果のレシピ、人々はいつも覚えた制作桑菊アーモンドのかゆの方法は、よく手制の作品がこの道を味わって養生の効果の粥飲.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です