アメリカ.香港.ニュージーランドない方法飛蚊症を撤去施行と人工呼吸器

アメリカは法案が支持する.

1975年、住んでいアメリカ纽泽西州、21歳のカレン.昆蘭ので、同時に大量服用鎮痛鎮静剤と酒を飲んで呼吸を止めて、病院に救急で呼吸器を経て、彼女は生きているのは意識が回復していない.数カ月後、家族がついにカレンになって植物の事実を受け、要求医師撤去延命設備が、断られる.彼女の両親は控訴裁判所で、娘には、呼吸器を撤去することを要請したという.

何番往復訴訟は、1976年、纽泽西高等裁判所は無異議の裁定を保障、公民のプライバシーと自主権,臨終の無能な患者の家族でこの権利管引抜き撤去延命システム.同じ年,カリフォルニア州は自然死法案を通じて、末期の患者の願望、拒絶または静脈注射、輸血、抗生物質、呼吸器、呼吸器などの医療措置を.1991年患者自決法案患者を受け入れることができる保障や拒否にどれらの延命医療処置.

アメリカ前大統領が率先して応答して
.例えば、カーターの預、病気にかかる時、人工的な命を拒否して、泰然の心で、静かな心で静かな往生に付き添うことを望みます.柯林顿夫婦もプリ立医者と事前に立医療代理人、これらの政治指導者を率いる,飛蚊症、全米で民衆の病気医療自決権利を重視する.

今アメリカ疾病末期患者に押しつけないと撤去呼吸器は臨床ガイドライン.召集から患者と家族のコミュニケーション、医療チームが合意会議、撤去呼吸器を準備するときは、静かで平和な環境、集合病人の親族、管引抜きプレ状況を押しつけ鎮静薬、そして呼吸器により撤去気管内管や、患者が死亡した後に遺族の感情についてのサポートなどのプロセスややり方.

香港は代価を延長して、命を延長して、医療の目的ではない

香港の病院管理局の参考イギリス医学協会(BMJ)ガイドライン:かまわない命品質や治療がもたらした重荷を一切の代価を惜しまない生命延長ではなく、医療の目的.という思いは患者の精神に能力を適切に決め、および関係状況の下で、治療の受け入れを拒否して生命を維持し、又は治療は無効で、提供しないあるいは撤去病人の延命治療は、倫理と法律に.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です