布団がエアコンを吹いて「冷飛蚊症房病にならない」

夏は来る、オフィスとデパートのエアコンはまた動き始め、多くの家庭もエアコンをつけて涼しいことを求めて.寝るためには涼しくて、寒くないし、布団でエアコンをつける人が選んだ人がいます.専門家は指摘して、このように実は更にエアコン病になりやすい、そして脆弱な気道は損傷します.   
   ;;; 中国抗がん協会秘書長张广超紹介、冷房病の主なのは1種の亜健康状態、症状が主にはくらくらして、発熱、寝汗、体は弱々しなど、多くの人はその勘違い風邪.通常はエアコンを使う時、いずれも戸締りを室内の温度を下げて、早く涼しく感じなので、この時の環境は閉鎖、室内の空気はほとんど隔絶外部と、室内の酸素を消耗してない人は補充して、このような環境で待の時間が長くなったと感じの酸欠、つながる人体器官が正常に仕事して、内分泌の乱れを引き起こして、寝ている時の新陳代謝は遅くされやすく、病原菌に襲われる.また,飛蚊症、ふとんは達成できないしか不凍、ある人がふとんからエアコンの温度を加減するのは更に低い、人の呼吸道の一番弱いから、寒い空気呼吸器が人体に入って、室内の空気の流通しない、目が覚めた後に軽くなって鼻や口を乾燥して、頭痛、重さはくしゃみ、鼻水、甚だしきに至ってはひどくの呼吸道の疾病.だから,厚い布団カバーによりエアコンより,窓やドアを開けて空気を自然に流通し、布団を建ててイメージです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です