換飛蚊症骨奪胎

今朝は通勤の道に歩いて、初秋が秋めく.冷たい風、暖かい太陽は太ももに掠めるて、顔には1種の満足、足どりで、私の目の中で秋晴れの秋晴れを享受して秋晴れして1段の小道を享受します.隣の同僚と私は何を話して、私は大きいスズメバチのようにあの、うん、うんと言った.

2近く日宿友家に帰って、一人で寝るようにして自分を慰める.早く寝ます勇気がなくて、莫言の小説牛の中で書いたの初めに私の心の声を、その時私は少年.そのとき私は村でやんちゃな少年だった.そのとき私も村で一番嫌いな少年でした.このような少年が最も嫌になったのは彼の意識が彼の嫌いになっていないことを意識していない.彼はいつもどこにでもにぎやかでどこにくぐるか.どんな人に何と言われても耳を伸ばして聴いてみたいという人は耳にしていて、聞いたこともわからないし,彼も口出しするんじゃないか.何かを耳にして、何かを見てたら何の事があるのかと.大人になって、子供は子供も子供も、彼は独り言、独り言だと言って、お腹には爆発するようにしています.彼はいつも自分のことを好きになって、他人のために歓心て、たくさんのでたらめなことをすることができます.以前は私はこのような人に似て、以前はすべて私の言った話はまだはっきりして“あなたはどのように何がすべて挿します上に挿しますか?あなたは自分の欠点を言い出してとても光栄と感じますか?」あなたは幸いにも会計、医者はあなたの手に死ぬ人が死んでいることを知っていなければならない.」最初はちょっと怒って、後もおかしく、笑ってないで.後はすぐに芳一に聞いて、芳一さんは笑いを聞いた.後ろから私はこの話を聞いて、何人に聞いた.自分の欠点、怪事は他人に自分の注意を引き起こすことができて、他人はハッハッと大笑いします.自分は満足だと思う.

自分は自分、プライドが非常にショックを受けて、とても楽しくありません.悟った後、早速賢く勉強し、徹底的に自分を変えることにした.今は完全に完全に変更されている.私宿友と一緒に寮で時には数日せっかく一言、一ヶ月の話も出て指で数えられる
.同僚にも多すぎると言っていたことが多い.私は今の自分が好きで、しかし時には昔の自分が好きです.思い出して時には恥ずかしくていたたまれないたり、自分を慰めてみんな毎日はそんなに多くて、そんなに多いことや悩み、私はただ空騒ぎばかりで、間違いなく私を覚えている人の醜い.

は、三毛の散文集を読んで,飛蚊症、自分がどんなに偽りの偽り、と感じて、偽りの多くの事は書くことができなくて、書くことができなくて,書くことができません.毎回自分に良い一面を見せて、みんなに見せて!私はこんなにも専一な人で、何が何が好きなことを見て.この前見・ドラマ・が好き、儒教が好きに儒教を好きになって、道家道家、三毛が好きに三毛など.見た三毛、莫言のものを書いて、深い、深い.深いと感じながらも頭のない蝿は方向に見つからない!私の幸心は良好で、せっかちではありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です