飛蚊症塵埃が自叙する

前世私は1枝の鮮やかな花です.蝶が私を伴って遊び戯れて、鳥の上空を奏楽しい曲から、風がすがすがしい香り、すべてそんなに静かに、悠然と.



後に鳥が飛んで、風の姉が送って来たのは香りの空気でなくて、鼻の臭いと二酸化硫黄……の息吹.だんだん私は病気になって、鼻は嗅覚を失って、香りの空気、目が見えたのはもう藍色の空になりません.能力のすべてが立ち退きして、もとににぎやかで、楽しみ、幸福の国家はかつて.いま、ここ霊園のような静寂、たまたま聞いたたががゆるむの泣怨嗟の声.私はやがて私は死ぬことができて、ここは本当の霊園になることができます.

私は1粒の小さいほこりになって、身の回りは無数の私のような塵粒があることがいて、私は1粒の小さい塵粒に似ています.私たちの共通の希望は、光は私たちを照らすことができます、私たちは健康的な安全な場所に行くことができます.しかし、この希望は、この希望は、まわりの化学工場の煙の肆.われわれ生活は光の世界には、私たちの風、彼女は無数の恐ろしいウイルスを持っています.ついにある日、大きな風、雨の降る時、私達は光の天国まで吹いてきました.

同じ風に吹かれて、追いかけて、陽射し、日差しは体に暖暖舒服ている.しかし、どのくらい過ぎて、風の姉は私たちに教えて、いつでも逃げの準備、やがてこの街も汚染されます.そこで、私たちは長い長い逃亡路、1つの城、1つの城の逃げれ、無道に逃げてはいけない.都市がすべて汚染されて,曇り空てかわいい太陽が遮らて、日光のを失う私は更に1粒の純粋な塵ではなく、ウイルスの細菌を連れて.私たちは腹部の人々に、腹部の病気になる.利口すぎる人間は様々な研究薬のための私たちを、それらの聡明な専門家との科学研究員は、聞いたことない根治できないという言葉がないか?人はまた、不法化学工業工場を制止しないで、また故郷の環境を愛護しなくて、たとえあなた達は各種の薬を研究することを研究することを研究して、どのようにすることを研究しますか?忘れないで私たちもあなた達の手によるよ、なぜ再循環の目を掩うて雀を捕うだろう.

私達は更に環境を愛護しないならば、人をうらやましがることができて,飛蚊症、恐れて、恐ろしいウイルスは?

私たちが環境を愛護するならば、地獄から天国になることになるでしょう.

環境を愛護して、誰にも責任があります.

新年おめでとうございます:新年おめでとうございます.高い駅はますます良くなり,选者たちは2013にもっともっと多くの作品を書き出している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です