ok「飛蚊症ok」と」

前に、私は祖母の引き出しを片付けて、小さい本は数字とokをいっぱい書いて、」.お婆ちゃんに聞いても知って、元はマージャンの帳簿、“ok”は勝つことができるのです.

母方の解放前教会学校で習った英語、その時彼女は待っていて自分の靴を着ての女子中学生、容貌は素晴らしい、美しい人は、映画スターやおしとやかな金枝玉葉.しかし実際彼女は親戚家の家で読書する貧しい女の子で、自分は自由に鳥が飛んで飛ぶように自由だと感じていると思う
.

出身温州旧家の祖父を愛した何も知らないの母方の祖母、そして彼女をめとって入る、ひとつしたにじゅう歳は何も分からないの花嫁.お婆ちゃんは糊塗、包丁を切るのが早い、ということで、包丁を使って,大包丁で自分の指を切り.そして血流も自分を指医務室へ走って、後ろに3つのと同じ色を失う、わあわあと泣く子.家にはすべての事に外祖父がある."私は"私は、"私は、あなたに殘を殘、私は、あなた自身は、私は、あなた自身に幸せになってほしいと希望します.これからも、あなたはマージャンをする人はいませんでした.」おばあちゃんは楽しんじゃないか?子供はすべて身の回りにいないで、1人の彼女は尽力した.彼女は食いしん坊で,飛蚊症、こっそり食べるべきとして糖尿病患者断ち物のすべてのおいしいのは、しかし彼女は食べた後はいつも“いい加減」;彼女の愛をきれいに出かけるときもドレスに照らして、ずっと鏡、家族と友達を外国からもたらした化粧品、服、小さなアクセサリー、彼女はいつも人に贈る、乳がん手術後の少なくなった半分を胸に、母が作った偽胸が彼女にプレゼントして、彼女もなく、若いころの彼女がラオルガン、古くなったはちじゅう歳でピアノを始め、ピアノ1級に合格した新聞、テレビと、引き続き攻2級、またを投げ出す―――は彼女の麻雀をしかマージャンをする時には、彼女がいつまでも生き生きしている.

エドワード-ヤンの麻雀には誰も知らない何が欲しいか、他人を彼に教えてどうするので、間違ってもなくについて、責任を他人のせいに.でも、実は、マージャンの時、チャチャチャは自分が何かを知り、間違って自分の責任を持っているのです.見え牌品人柄、麻雀を打つ時の母方の祖母は、最も真剣で、最も賢い、一番さわやか母方の祖母が,何かはっきり間違ってしまっても誰にも文句ない――自分を含む.マージャンは1回りに回って、“ok”あるいは“にしても”、流転年回り.

マタイによる福音」であなたたちは回転、子供になりのスタイルは、切れの中に入れない天国.おばあちゃんは古い子供で、私は心の底の手本に隠れる.このように、生活の中で、1輪1輪マージャンは打っていく、“ために”、努力、“ok”まで.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です