飛蚊症を予防するために、どうしたらいいですか?

飛蚊症患者の注意事項はたくさんあります。特にガラス体の濁った患者に対しては、早く治療を受けると同時に、慎重に措置を取らなければなりません。では、その前にどうしたら飛蚊症が予防できるかに関して、わたしはいくつかの注意点をまとまりました。

一つ、飛蚊症を予防するために普段ではよく休んで、目を使いすぎないように注意して、できるだけ近視を形成することを避けます。そして、じっと見つめることは不適で、よく目くばせします。こうして眼球の暴露される時間は減少して、涙の液の蒸発を避けられます。

二つ、長い時間にはエアコンを利用しなくて、座席上に気流が吹くのもできるだけ避けます。そして座席の近くに茶を放置して、周辺の湿度を増やします。

三つ、各種の果物を多く食べます。特に柑橘類の果物です。そして、無公害野菜、食料、魚と卵もよいのです。ほかに、よく水を飲んで、目の乾燥を軽減することができます。

四つ、良好な生活習慣を維持します。充足な睡眠は重要で、夜更かししないほうがよいのです。

五つ、長時間のパソコン操作を避けて、そのうちにときどき休みを取るべきです。通常では、連続操作の1時間に休む時間5-10分です。休みの時には遠いところを見たり、目の体操をしたりします。

六つ、もしあなたは涙の分泌が比較的に少なければ、目は容易に渋気をします。そうしたら、パソコンの前にいるとコンタクトレンズを使用しなくて、枠組みのメガネをつけたほうがよいのです。

七つ、40歳以上の人は、できるだけ二重焦点レンズを採用します。また、タイピングするときに、度数が低いメガネをつけます。

サラリーマンにとって、長時間でパソコンの前に座るので、目をよく使う時間が多いです。そこで、目の損害は非常に大きくて、もし不注意で目を保護しないと、飛蚊症になりやすいです。以上で書いた七つの意見は、普段の生活に心かけたら、飛蚊症の予防に有益です。もちろん、これは全面ではなくて、わたしはただある程度にあなたを助けることを希望しております。