飛蚊症の原因について

何気なく壁を眺めたり空を見上げることってありますよね。そんな時に、目の前をまるで糸くずやゴミみたいにも見える浮遊物が目に映ることってありませんか?
それが見える人は、飛蚊症と考えた方が良いでしょう。
この浮遊物が蚊のような物にも見える症状の特徴から、医学的には飛蚊症と呼ばれているわけであります。実は管理人の私も飛蚊症の症状があるんですよね。
ですから浮遊物のようなものが目に映るという症状は本当に実感できます。
飛蚊症の人は、目の前に蚊にも見える線や点がフワフワと浮かんで見えている物は、例え目をつぶったり擦る、さらに言えば洗眼したとしても消えることはありません。
そして消えない浮遊物は、一度気になり始めると、とにかく気になって仕方がない状態になってしまうことがあります。
飛蚊症で、目に映る浮遊物の形状や大きさ、そして数については大きな個人差があります。中には、日常生活にも影響が出てしまうほどの方もいらっしゃいます。
いかがでしょうか?皆さんの目には、鬱陶しい浮遊物が映ったことがありませんか?おそらく一度くらいは飛蚊症の経験をしたことのある方のほうが多いのではないかと思います。
なぜこのような浮遊物が目に映るのかと申しますと、そもそも眼球には水晶体の後方にあって、2内腔を満たしている硝子体(しょうしたい)と呼ばれる透明なゼリー状の組織が存在するのですが、この硝子体に何かしらの異変が発生して濁りが生じることで飛蚊症の症状が出てまいります。
飛蚊症の原因は、多くの場合老化であるとかストレス、あるいは疲れなどからくると考えられております。
老化やストレス、疲れなどから引き起こされる生理的飛蚊症や後部硝子体剥離が原因の飛蚊症は、放っておいてもそれほど多きな問題が発生することはありません。
それでも気になるようであれば、ここはやはり眼科で診てもらったほうが良いでしょう。ところが飛蚊症には、かなり危険な病気が潜んでいる場合はあります。このようなケースでは、絶対に放置をしていてはいけません。