飛蚊症について

飛蚊症になると、目の前を小さな「浮遊物」が飛んでいるように見えます。形状は糸状だったり、小さな粒や丸い輪、また、半透明の場合もあります。「邪魔だな」と思って視線を変えても、浮遊物は一緒に移動してきます。目をこすっても変化がなく、一向に消えてくれません。とくに明るい場所ではっきりと見え、気になって仕方ありません。こうした目のトラブルを「飛蚊症」といいます。

飛蚊症はよくある症状で、心配になって眼科を受診する人もたくさんいます。しかし、大半はとくに病気とは関係がないものです。

飛蚊症は、晴れた空のように明るい背景、白っぽい背景でよく見えます。また、後部硝子体剥離が起こると、視神経乳頭の部分からはがれた厚くてリング状の後部硝子体皮質(ワイスリング)が飛蚊症の原因になります。

飛蚊症は主に生理的飛蚊症と治療しないと視力が傷害されることがある病的な飛蚊症です。

生理的飛蚊症は光を網膜に移して映像を結び時に有害な紫外線を浴びたことで目中の硝子体中に活性酸素が発生し、タンパク質や脂質が酸化してしまい、硝子体の組織を変質させ、飛蚊症が生じるのです。

若い時や体の免疫機能が正常であれば、目に発生した「活性酸素」をすぐに分解する「酵素」が分泌されるので、硝子体の組織の酸化を抑え、飛蚊症を防いでくれます。

しかし年をとるごとに、この「酵素」の分泌が減少するため、組織の酸化を抑えきれず、その結果飛蚊症となります。

飛蚊症を自覚しても問題のない場合がほとんどですが、なかには次のような重大な目の病気の一症状であることがあります。

網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などの症上が出てよりひどく病気になってしまう可能性がありますので、飛蚊症があった以上、一旦病院で検査することがおすすめです。